糖質制限で楽しくそして美しく。

糖質オフアドバイザー(JADP認定)。糖質制限ダイエットで1年で5キロ減!妊娠糖尿病、食後高血糖の診断をきっかけに糖質制限ライフを始めて早5年、健康のために始めたけれど、体重もお肌の調子も今までで一番のコンディションになりました。身近な糖質オフ商品のレビューや効果的なダイエットを更に模索していきます。

糖質制限中、外食にシュラスコはお勧め!

 こんにちは!

 

今日は糖質制限中にお勧めな外食先のご紹介です☆

 

先日、美味しいお肉が食べたいな~と言う事で『シュラスコ』を食べに行ってきました。

 

シュラスコとはブラジル等の中南米のお料理ですね。

 

牛・豚・チキン・ラムのお肉を炭火で串焼きにし、各テーブルまで塊のまま持ってきてくれます。そしてお客さんの前でナイフを入れてサーブしてくれるレストラン。

 

そして店員さんがインターナショナルでグッドルッキングが多い

(/ω\)キャ

 

塊肉を豪快にカットされるのを目の当たりにするシュラスコはワイルドな感じがしますし、基本は岩塩などのシンプルな味付け。

f:id:AmyAmy:20190925065736j:image

(写真はソーセージだけど)

 

そのため、

「肉喰ってる―――!!ガオーーー!!」

 

って気になります。焼肉よりも、ステーキ的要素が強いです。

 タレがない分更に低糖質になりますしね(醤油ベース、お酢ベースのソースはありますが)。

 

 

(今回行ったのは「バルバッコア」というシュラスコのお店。)

 

そして!

シュラスコの多くのお店(私が知る限り)は前菜とデザートがブッフェになっております。

 

その前菜ブッフェの野菜の鮮やかさ、新鮮さ、種類の豊富さと言ったら・・・・

f:id:AmyAmy:20190924204155j:image

ででーーん。

これが私メイドの前菜プレートでございます。

 

これでもブログの写真様に控えた方でございます。

( ゚Д゚)?

 

このお皿、かなりの大きさ。横幅は30センチくらいはあると思います。

これだけでオサレカフェなら1800円位しちゃいますよね。いやもっと高いかも。

 

ドレッシングも豊富ですし、写真左下の卵サラダなんかはゴロゴロしていてクリーミーでとっても美味しいのです(でもこれ沢山食べると後でお肉食べられなくなる。。。。)。

 

この後たらふく食べるつもりのお肉は糖質が含まれないとは言え、外食でも食物繊維は摂取しておきたいですよね。ここの前菜にはキノコや海藻、キャベツもありますのでたっぷり食物繊維を摂取出来ます!

 

 

そしてお肉ーーー!!


f:id:AmyAmy:20190924204159j:image

イチボ、カイノミ、ソーセージ(食べかけすみません)、サーロイン、焼きパイナップルが映っております(多分)。

 

焼肉屋さんでしか聞いた事ないような部位もあって、それぞれの食感や旨み、味の濃さの違いを楽しむことが出来ます。

 

テーブルにおかれている片面が赤、片面が緑のカードで

「お肉ちょうだい」

「お肉今はいらない」

アピールが出来るシステムです。

 

緑だと容赦なく「サーロイン?」「豚肩ロース?」

とお肉持参のグットルッキングな店員さんが聞いてきます。

お腹いっぱいになってくると店員さんが近寄ってくるとちょっと焦ります。

(; ・`д・´)マ、マタキタ!

そんな時には赤にチェンジしてストップしてもらうのですね。

 

そしてお肉のお皿の写真に写っている黄色い物体は「焼きパイナップル」です。

 

焼きパイナップルはその名の通り焼いたパイナップルで、お肉同様テーブルでスライスしてくれます。

 

では、なぜパイナップルなのかーーーー

 

それはお肉(たんぱく質)の消化を助ける力があるからですね(た、たぶん、、、)。

パイナップルの酵素がお肉のたんぱく質の消化を助けます。

酵素はお肉を柔らかくする力があるのも良く知られていますよね(キウイもお肉を柔らかくします)。

f:id:AmyAmy:20190925083616p:plain

 

なのでガッツリなお肉と一緒に食べる事で胃の負担を軽くする効果があるため、一緒に食べられているのでしょう☆

酢豚のパイナッポーもそんな感じなのかな。

 

温かいパイナップルは好き嫌いが分かれそうですが、私は美味しく頂けます。

冷たい方が好きだけど。

 

 

さらにテーブルに「焼きチーズ」も持ってきてくれます。

こってりお肉にチーズ??と思うかもしれませんが、チーズだって消化を助ける食材なのですね。

 

チーズに含まれるビタミンB群(B2とB6)はたんぱく質と脂質の代謝を促してくれます。さらに発酵食品であり乳酸菌が含まれるため、腸内環境を整えて消化も促します。

チーズ自体もたんぱく質が含まれますが、吸収されやすいアミノ酸に変化している事やチーズに含まれるカルシウム自体も消化機能を促進するというのです。

 

f:id:AmyAmy:20190925083648p:plain

因みにフランス料理のフルコースの最後にデザートかチーズを選ぶレストランがあります。

デザートの後にチーズが運ばれてくるコースさえも。

 

それはチーズの消化促進の効果を意図した順番なんですね。

 

最初は「ええ?フルコースの最後にチーズかよ!」って思ったのですが、この時にチーズの役割を聞きました。

(´ー`)イマハフレンチナドホトンドイカ(ケ)ヌ

 

パイナップルは何となく分かるけど(酸っぱいし)、チーズは今一ピンと来ませんが、、、、

実際お肉沢山食べた後にチーズ(しかも温かい)は食べられませんでした。

 

牛乳よりも消化しやすいと言われるチーズは乳製品が苦手な方でもお勧めなようですが、勿論体質にもよりますのでご注意下さいね☆(私の友人は乳製品のチーズだけダメみたいですし)

 

 

糖質制限しているとたんぱく質(お肉、魚、卵、大豆)を多く摂取する事になると思うのですが、一度に大量のたんぱく質(特に動物性に)を食べると胃に負担がかかるのは事実です。

 

脂質も含まれると、たんぱく質と脂質両方の消化、代謝が必要になり、正常に働かないと体調を崩してしまう事になりますね。

 

なのでこういった消化を助ける食材をちょっと知っていると消化不良を起こすのを防ぐことが出来るかもしれません。

 

大根おろしとか、生姜とか、いつもの食事にちょっとプラスするのも良いですね。

トクホのお茶でもいいですし。

(シュラスコ食べた後にビビッて胃薬を飲んだのは内緒。。。)

( ;∀;)オトシゴロナノ

 

とにかく野菜とお肉がたっぷり食べられるシュラスコは糖質制限中にお腹いっぱい食べられる外食の選択肢としてとてもお勧めです!

 

ただシュラスコレストランに行く際、

・糖質関係なく、お肉の食べ過ぎによる消化不良には気を付けましょう!

(若者は大丈夫かな)

・糖質を摂らない場合も食物繊維たっぷりの野菜を沢山食べるようにしましょう!

・デザートのチョコ(ブリガデイロ)には手を出さないようにしましょう!(←怪しい)

 

f:id:AmyAmy:20190925084236p:plain

と言う事で、久しぶりに食べたシュラスコ、やっぱり美味しかったです!

焼肉に飽きたら(でもお肉食べたい!って時に)、如何でしょうか?

 

皆さまの参考になったら嬉しいです☆

ではでは今日はこの辺で失礼しますね!

 

最後までお読み頂き有難うございました☆

(*´▽`*)チャオチャオ

 

 (糖質制限中の外食に関する過去記事はこちらもあります☆)

www.mosarahanne.com

www.mosarahanne.com

www.mosarahanne.com

www.mosarahanne.com

www.mosarahanne.com

www.mosarahanne.com