糖質制限で楽しくそして美しく。

糖質オフアドバイザー(JADP認定)。糖質制限ダイエットで1年で5キロ減!妊娠糖尿病、食後高血糖の診断をきっかけに糖質制限ライフを始めて早5年、健康のために始めたけれど、体重もお肌の調子も今までで一番のコンディションになりました。身近な糖質オフ商品のレビューや効果的なダイエットを更に模索していきます。

発熱時、風邪の時などに食べられる糖質制限食材は??

こんにちは!

 

先日、珍しく発熱したわたくし。

全身の倦怠感と節々の痛み、そしてコメカミを殴られているような頭痛に見舞われ散々でございました。。。

(ブログはストックがあったので休まずに済みましたが・・・)

 

f:id:AmyAmy:20191020091152p:plain

昔は風邪で発熱してても出来るだけ食べて体力付けなさい‼️と言われる事が多かったですが、今は無理して食べなくていいよ〜と言う風潮ですね。

 

実際お医者さんにも、「水分さえ採れていたら食べなくても大丈夫」と言われました。

 

もちろん食べたい物があれば食べても良いのでしょうが、38度以上ある時は余り食べられませんよね。

 

何か食べるにしてもお腹に優しい、つまり消化の良いものにしておく必要があります。

 

うどん、お粥、おにぎり等等。。。

 

って、炭水化物ばっかりやないかーい。

( ̄∇ ̄)

と言う事実。

 

 

糖質制限中の味方であるお肉や魚などのタンパク質は消化に時間がかかりますし、仕方ないんですよね。

 

ダイエット目的に糖質制限してるなら発熱時くらい解禁した方が良いと思いますが、食後高血糖で血糖値スパイクのリスクがある私や糖尿病予備軍の方などはそうも行かないですよね。

(糖尿病の方はお医者さんと相談しましょうね)

 

今回私も食欲は落ちましたが、全く食べられなかったわけではありませんでした。

 

そこで、私が体調を崩した際によく食べている糖質低めの食材をいくつかご紹介したいと思います!

 

<体調不良でも食べ易い糖質制限食材!>

(私個人の意見です)

①お味噌汁

とにかく風邪やインフルエンザ時には身体を温める事が大事!

なので温かいお味噌汁は心身共にホッとできるメニューですね。

更にお味噌は発酵食品なので、弱っている消化器官を正常にするエサを与えてくれます。

今はレトルトでも美味しいお味噌汁沢山ありますよね。

f:id:AmyAmy:20191020090342j:image

 

ただ塩分が強いと逆に身体に負担になってしまうので減塩がよりよいかもしれません。

f:id:AmyAmy:20191020090506j:image

糖質も2グラム程度で安心ですね。

 

 

②湯豆腐

消化に時間がかかるタンパク質ですが、お豆腐は食べ易いですし、食後のお腹の負担も感じません。

 

f:id:AmyAmy:20191020091325p:plain

③ホットヨーグルト

発酵食品ですのでお腹(消化器官)の調子を整えてくれるのは1番のお味噌汁と一緒ですが、味が全く違うのでその時の気分で食べたい方を食べます。

 

冷たいままでも良いですが、レンチンして少し温めた方がよりお腹に優しいですね。

もちろんお砂糖無添加で、甘さが欲しい時はフルーツを入れるか、ラカントなどで甘さを付けましょう。

 

f:id:AmyAmy:20191020091348p:plain

④フルーツ

これは正直言いまして基本的には低糖質ではございませぬ。。。

しかし発熱中には圧倒的にフルーツが食べたくなります。。。そして美味しい。

 

なのでどうしても食べたい時は我慢せず、咀嚼が必要なりんごなどをよく噛んでゆっくり1/2個。

 

今の時期なら柿でも良いですね。

 

食べ過ぎず、ゆっくり食べるようにして頂いています。

旬のフルーツは栄養価が高く、身体に良いものが詰まっておりますし、少量ならば糖質制限中でも食べられますよ!

 

 

f:id:AmyAmy:20191020091907p:plain

④レトルトのおかゆ

レトルトのおかゆは味によっては一食糖質20グラム程度の物があります。作るより簡単ですし、非常食としても常備しておくといいかもしれません☆

 

⑤糖質0麺

糖質制限の強い味方、糖質0麺!

日頃頼りないと感じる糖質0麺の優しすぎる歯応えも、体調が悪い時には有り難く感じます。

f:id:AmyAmy:20191020090400j:image

いつもは冷たいぶっかけうどん風にして食べますが、風邪をひいている時は温かくして食べます(めんつゆレンチンするだけ)。

 

茹でる必要もないし、簡単に美味しく食べられます☆

 

 

以上が私が体調不良の際によく食べる糖質控えめメニューでございました!

 

人によって好みは違うでしょうし、風邪の時はこれ!と決めている方もいるかもしれませんね。

 

とにかくせっかく食欲がある時には、食べて美味しい、と感じる事も回復への一歩かと思いますし、自分なりの食べられそうなものを日頃から準備しておく事は大事かもしれませんね。

 

という事で、これからどんどん寒くなる季節、もし風邪やインフルエンザで体調を崩された際の参考になったら嬉しいです。

 

まぁ元気でいる事が1番ですが、不可抗力って時もありますしね☆

 

ではでは皆さま今日はこの辺で失礼致しますね。

最後までお読み頂きありがとうございました😊