糖質制限で楽しくそして美しく。

糖質オフアドバイザー(JADP認定)。糖質制限ダイエットで1年で5キロ減!妊娠糖尿病、食後高血糖の診断をきっかけに糖質制限ライフを始めて早5年、健康のために始めたけれど、体重もお肌の調子も今までで一番のコンディションになりました。身近な糖質オフ商品のレビューや効果的なダイエットを更に模索していきます。

アーモンド効果のアイスと身近なお菓子の糖質量

 こんにちは!

 

今日はレビューはアイスです☆

f:id:AmyAmy:20190119135632j:image

 

見慣れたパッケージですが、アイスはお初に食べますこちらの商品。

 

グリコ

アーモンド効果

アーモンドミルクの香ばしいアイス

78円で購入!

f:id:AmyAmy:20190119135020j:image

「アーモンド効果」は色んな商品が出ていますが、個人的にはアーモンドチョコが大好きです♪ 糖質は一袋12g位ですが、糖質控えめなアーモンドチョコの中では断トツで好きな味。

 

www.mosarahanne.com

 

なのでこういうアイスバーなんて出てきたら気になるわけで・・・

このアイス一つで一日分のビタミンEが摂取できるとの事ですが、

糖質量はどうかな?
f:id:AmyAmy:20190119140112j:image

糖質16.5g!!

やっぱり低めでしたね。

これならたまにのご褒美に食べられるかな。

 

・・・・などと考えながら原材料を見てみたら、
f:id:AmyAmy:20190119140101j:image

あれ、種別が「氷菓」じゃないかぁ!

(´・ω・`)

ちょっぴり残念な気持ちになりましたが(種別は濃厚な「アイスクリーム」「アイスミルク」が好きなので)、よくよく考えてみるとこの中身の白い部分は「アーモンドミルク」のアイスなので「牛乳」由来じゃないんですね。本来乳脂肪分が含まれる乳が使われていなかったり少な目の配合であれば種別が「氷菓」なのは納得です。。。

 

気を取り直して食べてみよう!
f:id:AmyAmy:20190119140105j:image

チョコの色が薄く、ミルクチョコって感じ。

最近ハイカカオのチョコ製品ばかり目にしていたので余計にこのミルクチョコ感が嬉しいです☆

 

頂きます!
f:id:AmyAmy:20190119135046j:image

パリパリ!

周りのチョココーティングが食感よくパリパリと壊れていきます。

そしてチョコ自体にアーモンドの風味をと良く感じたので、クラッシュアーモンドだけじゃなくてチョコにもアーモンドを練り込んであるのかな。

 

なのでカカオのチョコ感は余り感じなかったです。

 

そして中のアーモンドミルクのアイスが結構甘い!

「氷菓」との事でしたが思ったりよりもシャリシャリしていなかったし、滑らかさもありました☆

 

全体的にアーモンド感がしっかりと感じられて美味しかったです!

結構甘めだったので、個人的にはカカオのチョコ味がもう少し強かったらもっとバランスが良かったのかな~なんて思いました。

 

甘めだと半分で止めやすいと言う利点はありますね。今日も半分だけにしよう。

 

さて、お次はこちら。
f:id:AmyAmy:20190119135016j:image

ロッテ

ガーナ 

ホワイトチョコレート

 

言うまでもなく、あのガーナのホワイトチョコレートです☆

これからバレンタインシーズンと言う事もあり、スーパーではこの板チョコ系の売り出しに力が入ってきてますね。

 

板チョコって実はチョコとしては一番美味しいんじゃないかな~なんて思う事もある位ファンなのでありますが、糖質は高いのでほとんど買いません。糖質25g以上が殆ど。

 

しかし、このガーナホワイトチョコレートだけは例外です。

一枚の糖質量(炭水化物量)は、
f:id:AmyAmy:20190119135033j:image

一枚炭水化物19.2g!!

意外と低めなんですね。

ホワイトチョコって好き嫌いが分かれるかと思いますが私は好きです。

 

なので時々これを冷蔵庫に入れておいて、甘い物が食べたいな~でも間食したくないしな~ってなときに1ブロックだけつまみます。

f:id:AmyAmy:20190119135028j:image

気持ちも落ち着くし、大きめの間食をせずに済むのでお勧めです☆

これ位の糖質量なら1.5~2g位かな?

 

 

因みにロッテのHPで見たらガーナのミルクチョコレートは1枚の炭水化物量28gでした。

 

ただガーナのホワイトチョコレートは1枚の重さ45gであるのに対し、ミルクチョコレートの方は1枚の重さが50gあるので少し重いのです。

 

なのでミルクチョコの方が糖質が高いのでは!?と思うんですが、たった5gの差で糖質量の差は約8gありますのでそうとも言い切れませんね。

 

一般的にホワイトチョコレートの方がカカオマス入りのチョコレートより糖質が控えめなのか、と言われたら余りそういうイメージはありませんしね。

 

やはりその商品によって違うと思います。

 

それからホワイトチョコはカカオバターを使っているだけなので「ハイカカオ」の商品にはなり得ません。

 

だからむしろ糖質高めになってしまう傾向なのでは?と個人的には思います☆

だからこそこのガーナのホワイトチョコレートは貴重なのかしら。

(*´▽`*)オイシーヨネーガーナ

 

と言う感じで、身近な食べ物の栄養素や糖質量を意識してみると意外な発見があって楽しかったりします☆

 皆さまのモグモグタイムの際の参考にしてみて下さいね。

 

ではこの辺で失礼致しますね☆

最後までお読み頂き有難うございました!!